WEBLOG


満月コーヒーバーをする理由

POSTED ON NOVEMBER 5TH, 2014

長文になります。

【今、満月コーヒーバーをする理由】

来年、ちょうど20年。

阪神・淡路大震災。

はやっ!そうなん!って感じで、20年の月日が経つのは早いなと感じた同時に、あ、俺、この震災に対して、神戸に対して何もしてないなと。

別段、寄付もしてきてないし、1.17、東遊園地にてスターバックスが毎年、コーヒーを無料で配ってることを知ってるし、誘われてもいるけど参加してない。

そして、自分がいざ、開業目前に神戸の街を見渡すと、商店街はシャッター街に、人の流れも悪い。しけた街になったもんや!と文句も言っておりました。

そして、知人から、神戸の震災にて被災した方たちが倒壊した家のローンと新たな家のローンとで、二重ローンを払ってる人たち。震災がなければ、持ってるはずの貯金。それが二重ローンへと。

だから、消費に回らない理由の一つ。

企業もそう。倒壊した社屋の再建のためのローンが経営を圧迫…

何も貢献していない、文句ばっかり言ってる自分に恥ずかしくなってきました。

そして、神戸の街に何かできることがないかと考えてるところに、知人のコンサルタントにこういう話を聞きました。

プロボノ(Pro bono)は、

各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動全般。また、それに参加する専門家自身。

曲がりなりにもコーヒーを職業としてやってきています。

コーヒーでできることはないかと。

そのときに出会ったブログがありました。

満月ワインパブを主催してるwineshop FUJIMARUのブログでした。

読んだ瞬間、これだ!と思いました。

私、来田大二朗が「どれだけ自分が震災に対して、無関心だったか」

この一言につきます。

そして、以下、ブログから抜粋。

————————————————-
“満月は月に一度、どこに住んでいてもやってくる。見上げれば皆、同じ空を見てるんだ。空は繋がっている。”

“月に一度だけで、数時間だけでいいんです、関心を持ちましょうよ”

———————————————–

この二つの文に衝撃を受けました。

だから、皆さん、月に一度だけ数時間だけでいいんです、大事な人、友人、家族とコーヒーを飲みながら、美味しいものをたべながら、神戸市に対して、震災に対して関心を持ちましょうよ。大事なことを忘れないために。

ということなんです。

チャリティにしようか?しまいか?悩んでます。

ずっと続けるにはどうしたらいいか?

チャリティにする場合は、1杯500円だとしたら、1杯につき100円を神戸市に寄付をしようかなと思っています。その寄付先は、神戸市の樹木や景観作りに使われます。

食事はどうするか?場所はどうするか?

まだまだ決めなければならないことはいっぱいです。

そして、最後にこの一文を。

“大事な人が前にいたら、無関心ではいられないはずですから。目の前の美味しいお酒やお料理を前にすれば、きっとこれを無くしたい、と思うはずですから。”


おいしいコーヒーを通じて、笑顔と喜びが生まれる“場”をつくりたい

POSTED ON OCTOBER 3RD, 2014

今年4月に撮影を行いました、Webのムービーが公開となりました。音が出ます。アートディレクションは、graf井上麻那巳さん(www.graf-com)撮影は、コトバノイエさん(www.kotobanoie.com)音楽は、小瀬村晶(www.akirakosemura.com)オリジナルで制作しました。当日は、実際にコトバノイエにて実際にコーヒースタンドを営業している模様を撮影致しました。当日は、小雨ぱらつく厳しい条件のなか、皆様のおかげで撮影をすることが出来ました。GRAMのコンセプト「おいしいコーヒーを通じて、笑顔と喜びが生まれる“場”をつくりたい」が、とてもよく表現されています。音もGRAMの世界を表現しています。ぜひご覧くださいませ。


おしらせ

POSTED ON JUNE 28TH, 2014

こんにちわGRAMです!

7/5.6日使用するコーヒー豆が決まりました。天昇堂でイベントを始めてから、1年が経ちます。その記念として、とても豪華なお豆をご用意致しました。

【コロンビア カップオブエクセレンス2013#2 ラス フエンテス】

シナモンやバニラなどのスィートスパイスにオレンジを感じさせるジューシーさ、冷めて来るとハチミツような甘さも。甘い余韻が長く続き、とても丸みを帯びた舌触りのコーヒーです。そして、とても素晴らしいクリーンなコーヒーです。

【ブラジル モンテアレグレ】

GRAMでは、おなじみにのコーヒーです。優しいミルクチョコのような風味が特徴です。

そして、grafより、【甘夏のパウンドケーキ】もご用意致しました。ぜひ、上記、2種類のコーヒーとお楽しみ下さい。

当日は、エスプレッソ、ペーパードリップ、フレンチプレス、サイフォンと抽出器具をご用意致しますので、同じコーヒーを抽出器具違いによる風味の違いを楽しむのも面白いと思います。

そして、コーヒーの器として、1616/arita japanでのご提供となります。伝統技術とデサイが出会った未来の暮らしに寄り添う器です。

http://1616arita.jp/

コーヒーと人と。

【GRAM COFFEE BREWERS】


1616 Arita Japan

POSTED ON MAY 28TH, 2014

【1616/arita japan】とは、未来に寄り添う新しい有田焼。1616とは、有田で陶磁器が作られ始めた年号のこと。見た瞬間にとても驚きました。窯でこんなにも美しいスクエアのプレートを作れるものなのかと。クリエイティブディレクターの柳原照弘さんを迎え、伝統技術とデザインが出会い生まれた新しい有田。シンプルな形状に、とっても意外な軽さ、用途を限定せず多様な食生活に応える新しいスタンダード。
暮らしに寄り添うコーヒーと、未来に寄り添う有田。当日は、1616/arita japanでサーブしたコーヒーをお楽しみください。


『コーヒーのある暮らし2』at 加西市民会館

POSTED ON FEBRUARY 2ND, 2014

先日、兵庫県加西市の市民会館で、『コーヒーのある暮らし』を
開催してきました。

今回の教室では「自分好みのコーヒーを見つけよう!」というこで、
中煎りから、深煎りのコーヒー2種類と抽出器具3種類、コーヒープレス、
円錐ドリッパー、円錐金属フィルターを使い、抽出方法による味の違いを
焙煎度の違いによる味の違いも体感してもらい、その時々の気分に合わせた
飲み方や豆の選び方、そして、産地による味の違いもお話させて頂きました。

そして、前回に続き、ペーパーフィルターを使用して、ドリップコーヒーの
抽出体験をして頂きました。前回から引き続き受講されてる方も、今回が
初めての方も、それぞれが抽出したコーヒーを飲み比べながら、自然と会話と
笑顔が生まれてる光景がとても素敵でした。

前回と今回全く初めての土地でも、コーヒーを通じて、地元の方とコミュニケーション
がとれたことは、ひとえに加西の方の豊かさのよるものだと思いました。

今後も様々な土地で、コーヒーを通じて人のつながる場所を作っていく取り組みを
していきます。